平成最後のシュトーレンを食す!

こんばんは、山田あるとです(・8・)

 

今日は、先日購入したシュトーレンの食べ比べをしたので、

ご紹介したいと思います。

 

 

 【京都】ベッカライ ペルケオ

f:id:alto_y:20181206212703j:image

ドイツパン専門店がつくるシュトーレンということで、

「いちばん本場の味に近いはず!」と思い購入しました。

なんてか、こう…象形文字の「山」っぽい形が特徴的。

しっとりめの生地に3種類のドライフルーツが入ったもので、

写真だとレーズンばかりが目立つけど、レモンピールやオレンジピールも入ってて、

全体的にはさっぱりとした味。スパイスとのバランスも丁度よくて、

甘いのが苦手という方にもオススメです。

 

【千葉】ソレイユ

f:id:alto_y:20181206212710j:image

ローマジパン*1が真ん中に「どん!」と入ったシュトーレンです。

負けじとドライフルーツが主張してくる感じもたまらん。

ただフルーティな味を想像して食べたら、洋酒感が強かったもんで驚きました。

3種類の中で、もっとも大人向きなシュトーレン

 

【京都】OSHIMA 

f:id:alto_y:20181206212715j:image

フォークを入れると、ほろっと崩れる繊細でしっとりとした生地。

全体的に甘くてフルーツケーキのような印象でした。

ドライフルーツやナッツ類が豊富に入ってるので、

色んな味と食感が楽しむことができました。今回のいちばんのお気に入り! 

 

---------------- 8×キリトリセン ---------------- 

 

…というわけで、平成最後のシュトーレン美味しくいただきました。

私がシュトーレンを食べるようになって、今年で2年目だったわけですが、

きっかけをくれたのは、まず「パンシェルジュ検定」だし、

それから京都・東急ハンズで開催された「シュトーレン博覧会」でした。

今年も開催されてたことは知ってたんですけど、

去年の今頃と住んでるとこが変わるとね、腰が重たなるんですよ!

パン愛があるといえども。

そう思ってたら、大阪でも似たようなイベントの開催が決まったから

もうそりゃ行くしかないよ、と。

パンフェアのように大々的開催じゃないのが寂しいところだけど、

関西を中心に全国のあちこちからシュトーレンが一堂に会するのは

知る人ぞ知るお祭りのようで、とても楽しかったです。

 

ちなみに、このイベントは既に終了してるんですけども、

お店によっては、まだ通販OKなところもあるので

気になる方は是非チェックしてみてください!

 

おしまい!>(・8・)

*1:アーモンドと砂糖の割合を2:1で練り合わせたペースト状のもの

【阪急梅田】きっと見つかる、私のシュトーレン

こんばんは、山田あるとです(・8・)

 

今日は阪急梅田B1Fで開催中の

「きっと見つかる、私のシュトーレン」という催しものに行ってきました。

この催しは11/28(水)から開催しているもので、もう終盤も終盤。

そして明日が最終日…!

 

12/3(月)の出店リストは、こんな感じでした。

ちょっと見づらいかもしれませんが、

店名の横に赤い文字があるところは全て完売です。

 

f:id:alto_y:20181203224024j:image

今回は事前に買うものは決めてなかったのですが、

半分以上が完売という事態に驚きました。意外や意外シュトーレン人気。

いうてドイツ生まれのものだし、日本での認知度は上がってるにしても

ご家庭での浸透率はまだまだ高くないと思っていたもので。

 

f:id:alto_y:20181203224036j:image

とても気軽に買えるカット売りのコーナー。

洋酒を使用していないものや本場と同じくマジパンを使用したものなど

バラエティ豊かなシュトーレンが並んでおりました。

価格は200~300円強

 

f:id:alto_y:20181203224031j:image

こちらはフルサイズ(一部ハーフサイズあり)のコーナー。

包装ひとつとって見ても、お店によって全然違いますね。

個人的には「五感」(写真中央下)が気に入りました。

緑のハンカチに包まれていて、食べ終わったあとも楽しめそうな感じがいい。

 

f:id:alto_y:20181203224040j:image

実際に購入したものはこちら。

写真奥から「OSHIMA」「ベッカライペルケオ」「ソレイユ」です。

今年は他にもシュトーレンを買う予定でいるので、ここではカット買い。

カット売りは本当にありがたい。通常はフルサイズで販売してるものだから、

こうやって少しずつ色んなお店のを食べられるのは贅沢~。

 

ああ、いつ食べよう。

フルサイズだと、少しずつ切り分けて食べながら

同時に味わいの変化も楽しめるんだけど…。

 

週末のおやつタイムにでも食べようかな。

それぞれの味の感想については、その時に載せようと思います。

催しは12/4(火)まで。

 

皆さんもぜひ平成最後のシュトーレンを買いに

出かけてみてはいかがでしょうか!

 

おしまい!>(・8・)

【古川橋】名物は「おやき」のパン屋、こね家

こんばんは、山田あるとです(・8・)

前々から気になってた、こちらのパン屋さんにお邪魔してきました。

 

\じゃーーん!/

f:id:alto_y:20181123002152j:image

和風な店構えなので、和菓子屋さんにも見えますが、

正真正銘パン屋さんです。

対面販売のとこは久しぶりに来たかもしんない。

 

f:id:alto_y:20181123003652j:image

パンはすべて完全無添加

商品がショーケースに入ってるのも好感が持てます。

安心安全なうえにリーズナブル。

お店やってけてるの?とちょっと不安になるレベル。

 

あと、このお店の特徴としては、

パン屋では珍しい「おやき」が並んでることですかね。

金平ごぼうとかレンコンとか、お昼時に食べたい感じの!

…と、思うことは皆同じなのか

見事に全て完売してました。

 

なので今回は、

〇黒ごまおさつ

〇メロンパン の2点を購入。

 

お会計は¥220でした。

安っ!ฅ=͟͟͞͞((꒪∆꒪;)ฅ

 

黒ごまおさつ ¥100-

うっかり食べてしまったため写真ないです。(空腹時に起こる凡ミス)

柔らかな生地の上に角切りおさつがいっぱい。

全体的に味のバランスが淡いので、なんか勿体ない気がしました。

でも焼きたての表示に偽りはなく、

ホカホカしてて美味しかった~。

 

メロンパン ¥120-

f:id:alto_y:20181123005515j:plain

お店に何かの雑誌で紹介されたページの切り抜きが貼ってあって、

おやきと一緒に写ってたのが、このメロンパン。

お店のオススメ商品なんだろうなってことで購入。

これがめちゃめちゃ美味しかった。

今風のクリームが入ってたりハイブリット系というわけじゃないんだけど、

昔ながらのザクザク系の食感で、そんなメロンパンに久しぶりに出会って

嬉しさと空腹とが合わさって、あっという間に完食です。

パン屋さんに来ると、甘いのとしょっぱいのを大体半分ずつ買うので

次は、このメロンパンとおやきを是非ともゲットしたい。

 

古川橋にお立ち寄りの際は、皆さんも訪れてみてください!

おしまーい>(・8・)

 

【shop date】

パン工房 こね家

【営業日時】 火曜~日曜

AM10:00~売切次第閉店

【定休日】月曜

【そのた】テイクアウトのみ

専用駐車場 無

第7回阪急パンフェアに行ってきた

こんにちは、山田あるとです(・8・)

もう何か月も前から楽しみにしてた「阪急パンフェア」に行ってきたので、

毎度ではありますがレポしたいと思います。

 

今回のテーマは「旅するように楽しむパンの世界」

日本はもちろん、アメリカやフランスといった世界各国のパンが集結。

日頃馴染みのあるものから、名前すら聞いたことのなかった初めてのパンなど

実に個性豊かなラインナップで会場を賑わせていました。

また同時開催の「パンマルシェ」では、こだわりの食パンをはじめ、

去年から加わり好評を得ている「ご当地パン」も登場。

今回はチョコパンにクローズアップすることで、過去開催との差別化を図り、

パン好きの人の心を掴んでいたように思えます。

 

実際に購入した商品の紹介

ここからは、私が購入したパンたちの紹介です。

あらかじめ「買おう!」と決めていたものもあれば、

その場で「食べたい」という気持ちに駆られたものまで様々。

 

【横浜】ブーランジェリー パティスリー トレトゥール アダチ

阪急パンフェア初出店です。

横浜で大人気のブーランジェリーだそうですが、阪急でも大人気でした。

フランスの伝統的製法にこだわって作られたリッチなパンは、どれも美味しそう。

今回は「ショーソンオポワールエショコラ」と「クロワッサン」を購入。

f:id:alto_y:20181119163523j:image

(左がショーソンオポワールエショコラ、クロワッサン)

ショーソンオポワールエショコラは、洋ナシのコンポートとショコラの組み合わせ。

少しほろ苦く甘いような、今まで知らなかった食べ合わせ

クロワッサンは、中の生地がもっちりとしていて、とても美味しかったです。

 

【東京】デメララベーカリー

f:id:alto_y:20181119163348j:image

スコーンの専門店です。

「外はサクッ、中はとろける」のが特徴のスコーンで

味はプレーンをはじめとする数種類を取り揃えていました。

プレーンとクロテッドクリームという王道な買い方をする人も多かったような。

私は「アールグレイ」1点買い。 

f:id:alto_y:20181119163431j:image

トースターでリベイクすると、アールグレイの香りがふわっと広がり、

とてもいい気持ちになりました。

スコーンって普段あまり食べないんだけど、プレーン以外も

クロテッドクリーム塗るものなのかしら?でも、このままでも美味しかった。

きっと多くの人がボソボソした食感をイメージすると思うんだけど、

これは全然気にならなかったです。

ちなみに、Instagramで繋がってるパン好きさんの間で話題になってたので

購入したんですが、後日覗いてみると、

多くの人が「また食べたい」「食べたかった」と呟いてました。

そんな方々に朗報です。なんと大阪でも買えます。

しかも梅田から近い中崎町。これは行くっきゃない。

 

【愛媛】ラクダピクニック

大日にある「杢キリン」をきっかけにベーグルにハマった私が、

Instagramを徘徊中に見つけたお店。運よく行った日の「日替わりベーグル」でした。

嬉々として並ぶことを決めたものの、その行列の凄さに挫けそうになりました。

多分あれは会場内の行列で指3本のうちに入ってたと思う。

「何かしら買えたらいいや」って気持ちでひたすら待った。

ありがたかったのは、予め商品ラインナップが書かれた用紙を配ってくれたこと。

そして、完売が出たら知らせてくれたこと。この細かな心配りが嬉しかったです。

上限はお一人様20個まで。さすがにそんなに買わなかった。

でも欲しいものは1つも欠かさずに買えた。

f:id:alto_y:20181119163503j:image  f:id:alto_y:20181119163521j:image

(左から栗キャラメル、ブラックショコラエスプレッソりんごティラミス、
Wベリーチーズケーキ) 

f:id:alto_y:20181119163414j:image

ラインナップは全部で約30種類。

途中で何種類か品切れのアナウンスが入ったものの、

用意してた個数が元々少なそうなものが無くなった感じでした。

1番人気だったり、チラシ掲載商品は沢山用意されてたし。

 

ショーケースの前に行くまで、なかなかの時間かかったと思うんですが、

偶然にもラクダピクニックの店主の方とお知り合いだという女性と横になって、

順番が回ってくるまでお喋りしてました。

愛媛に関する知識が乏しいあまり、「愛媛といえば…」といわれたら、

みかんしか思い浮かばない私ですが、山も海もあって自然豊かなとこだそうです。

行ってみたいなあ、愛媛。

 

話が脱線してしまったけども、

お店の1番人気だという「Wベリーチーズケーキ」がドストライクでした。

チーズケーキが中に入ってることに驚きまして。

ベーグルの可能性の広さを感じる1品でした。あとWベリーとかいいながら

フランボワーズも入ってて、これはTベリーと名乗ってもええんじゃないかと。

ベーグルでありながらケーキみたいなハイブリッドベーグルでした。

いつか、お店にお伺いしたいです。

 

ワールドサンドイッチスタンド

f:id:alto_y:20181119163420j:image

注文後の作りたてが食べられるスタンドです。

トルコ、フランス、モロッコ、イタリア、アメリカの5か国のサンドイッチを

楽しむことができるのですが…

前日に「鯖缶特集」を目にしたところから

 

f:id:alto_y:20181119163427j:image

トルコバルック・エキメッキ(鯖サンド)を注文しました。

見たまんまの説明になっちゃうんですけど、フランスパンに塩鯖を挟んで

レモンの風味で仕上げたサンドイッチです。

ご飯に合うものはパンに合うので相性は抜群だったんですが、

そんなことより、塩鯖を口にするのが久しぶりすぎて、

「鯖おいしい…」ってなったのが正直な感想。

トルコに行ったことないから「ああ、これこれ」とかならないし、

でも「世界のパン」と銘打ってる今回だから、何か食べておきたかった。

このブースで何がいちばん出てるのか聞いてみればよかったなあ。

 あと、頑張って正式名で注文してみたのに、

レジのお姉さんに「え?」て聞き返されたのが、ちょっぴり切なかった。

鯖サンドくださいって言い直したさ。 

 

パンマルシェ(ご当地パン)

このブースは「兎座LEPS」目当てで入ったというのに、

まさかの時間帯を間違えるという痛恨のミス。

悲しい気持ちを切り替えて手に取った2点をご紹介します。

(あまりの衝撃に事前チェックしてた食パン買い忘れてグダグダ)

 

【高知】チョコぼうしパン

f:id:alto_y:20181119163439j:image

中央には、やなせたかしさんが描いた「ぼうしパンくん」が。

ぼうしパンは他でも見たことがあるけど、チョコ生地というのが珍しくて。

どこかで食べたことのある味と食感なんだけど、昔懐かしい味わいだから

何かと比べること自体が間違ってるんだろうなあって。

「よそはよそ、うちはうち」みたいな感じで、

これからも変わらないでいてほしいパンでした。 

 

【山形】ベタチョコパン

f:id:alto_y:20181119163457j:image

ひっくり返すと、2本の細長いパンにチョコレートを塗りたくった商品。

その単純明快な感じが好きだし、フォントロゴもレトロで可愛いし、

それがなんと130円だってことにも驚いて、思わず手に取ってしまった。

ざっくり紹介してしまうと「すごく大きいチョコバット」(褒め言葉)

チョコのチープさも、パンのちょっとパサついた感じも好き。

これに合うのは牛乳じゃないかと。

リッチな材料を使ったパンは美味しいけど、たまに食べたくなるレトロパン。

思ってたとおり、冷蔵庫に入れてチョコをパリッとさせて食べたら

とても美味しかったです。

 

まとめ

個人的には色々あった今回のパンフェアですが、

どれも美味しくいただけました。

時間はあったのにお金がついていかないという事実が悲しくて

それでも次回開催が既にとても楽しみです。

 

まさかのタイミングでiPhoneが潰れるなんて思ってなくて

フェア終了後にブログ上げることになったのが

いちばん悔やまれますが、

これからもinstagramやブログで

情報バンバン発信していこうと思うので、

ぜひチェックのほど宜しくお願いします!!!

 

おしまい >(・8・) 

【福島区 】夜でも焼きたてパンが味わえるパネ・ポルチーニ

おはようございます、山田あるとです(・8・)

今日ご紹介するパン屋さんは、

パン好きならば、きっと知っているであろうお店のご紹介です。

 

\じゃーん/

f:id:alto_y:20181029072623j:image

福島区にあるパネ・ポルチーニです。

お伺いした日は、あいにくの雨模様にもかかわらず

絶えることのない客足に、その人気っぷりが窺えます。

 

さほど待つこともなく入店~♪ >(・8・)

 

 

他のお客さんのジャマになったらいかんと思ったので

店内撮影は遠慮したのですが、

夜8時を過ぎているというのに、このラインナップの豊富さはズルい。

しかも、焼きたてにもありつけるっていう…。

福島区という立地さまさまなのでしょうか。

食べて飲んだあとに立ち寄れるパン屋さんって素敵。

とかいう私も、飲みじゃないけど

ここに立ち寄りたいがために、福島区でご飯を食べました。

 

さてさて、今回の購入品の紹介です。

〇塩フォカッチャ( ※写真なし)

パネ・ポルチーニの代表格といえるべきパン。

運がいいことに、焼きたてでした! だから、つい食べてしまったんですが…笑

オリーブオイルの良い香りと口に入れた時の塩気が絶妙。

シンプルなので食べ飽きることのない一品。

単品で食べるんじゃなくて、お料理に合わせてもよさそうです。

 

〇もちぱん( ※写真なし)  

塩フォカッチャを食べたら火がついてしまって

こちらも家に着く前に完食してしまいました。

もちぱんも塩フォカッチャと並ぶ看板商品だと思うんですが、

私の好みは、こっちでした。

名前どおりの…いや、名前以上のモチモチ食感に驚きます。

(どうやら米粉パンのようです)

バターの芳醇さと砂糖の甘さが絶妙で

大きいんだけども、あっという間に食べてしまえるほど軽い食感です。

この時期だと温かいコーヒーとの相性バッチリや思います。

これは間違いなく次もリピします。

 

〇はちみつとマカダミア

f:id:alto_y:20181029073052j:image

変わった組み合わせに惹かれて購入しました。

まあるいパンの中にはマカダミアナッツがごろごろと。

はちみつの優しい甘さとマカダミアの食感が楽しいパンでした。

 

〇クロワッサンアマンド

f:id:alto_y:20181029073059j:image

写真じゃ、なかなか伝わりにくい部分があるのですが

手に持ってみると、かなり重たい。

なぜなら…中にはカスタードクリームがたっぷり!

もはやカスタードを食べてるんじゃないかと思うくらいの満足感があります。

このパンが、おやつに出てきたら最高。

 

〇ブリーチーズと生ハムのフィセル

f:id:alto_y:20181029073102j:image

今回唯一の惣菜パンです。

店頭で見たとき「ブルーチーズ」だと思ったんですが、

ブリーチーズというのがあるみたいですね。

wikipediaによると、白カビのチーズの一種でフランスではメジャーなチーズだそう。

食べた感じはカマンベールチーズに似てるように思いました。

買った翌日に食べたので、軽くトースターでリベイクしたのですが、

チーズがええ感じにとろけて美味しかったです。

食事パンでもお酒のアテとしても最適。

 

〇クリームメロン

f:id:alto_y:20181029073100j:image

クロワッサンアマンドと迷って選びきれなくて

結果どっちも買ってしまったんですが、これもね美味しかったんですよ。

カスタードクリーム+ラズベリー(だったと思う)ソースが入ってて

甘いと甘酸っぱいのコラボレーション。

朝の鬱々とした気持ちを吹き飛ばしてくれるような爽やかさがありました。

小ぶりなのに、やりよる。

 

まとめ >(・8・)

どれも美味しかったので甲乙つけがたいのですが

あえてオススメするならば

「もちぱん」は買うべき!と強く推したいと思います。

 

福島駅に降り立った際はぜひパネ・ポルチーニに行ってみてください。

自分用にはもちろん、家族へのお土産にもええですよ~。

 

おしまい!

 

【守口駅】伝説の蒸しパン「ロバのパン」現る!

こんにちは、山田あるとです(・8・)

 

先週は、いつもよりハードワークが多めだったからか

今日は華麗に二度寝かましました。

なのに、疲れが抜け切れていないという事実。悪循環。

 

 

ナンテコッタ。

 

シンドイ日には、頑張った自分へのご褒美を買って帰るんですが

例によって先週もそうだったので、ご紹介します。

 

\じゃーん/

f:id:alto_y:20181012213107j:image

「一惠庵 ロバのパン工房」の蒸しパンです。

関西・関東の駅ナカにある「SWEETS BOX」で出店してたのですが

その名のとおり、普段はスイーツ系が多いのでパンの出店は非常に珍しいと思います。

そりゃ嬉々として立ち寄っちゃいますよね~。

種類は、黒糖・抹茶などの和素材から

カスタード・チョコレートといった洋素材のものまで、さまざま。

 

「5個で1000円」という魅力的なワードに心奪われつつも

厳選して2個だけ購入。

 

f:id:alto_y:20181012213119j:image

上から、苺ジャム・ゼリー です。

優柔不断なので、事前にHPでチェックして

食べたかったものを買ってきました。

 

f:id:alto_y:20181012213121j:image

断面は、こんな感じ。

どこか懐かしい味のする苺ジャムと、見た目がゆめかわいいゼリーは

甘さは感じたけど、色ごとの味とかはよく分からなかった。

普段好き好んで蒸しパンを食べることはないけども、

こうやって久しぶりに食べると、蒸しパンにしかない素朴さにホッとしちゃう。

ちなみに、時間が経つと生地が固くなっちゃうんだけども

レンジで30秒ほど温めるだけで出来たて同然のフカフカ食感に戻るので、ご安心を。

(それを思うと、チョコレートも買ってくればよかったと思った)

 

 

SWEETS BOX守口店での販売は

10/17(水)までです。

 

よだーん>(・8・)

「ロバのパン」というネーミングに惹かれて立ち寄ったのだけども

元を辿ると「ロバを使ってお米を売り歩いてた」お店だったようです。

私が知ってたロバのパンとは違うけど、

移動販売の走りを作ったお店ということが分かりました。

ちなみに今回ご紹介した「ロバのパン」はフランチャイズ

本部である京都以外だと、岐阜・三重・高知・徳島の4店のみ。

上記以外は、イベント等でしかお目にかかれないので、とてもレア。

…という点もふまえると、1度は手に取ってほしいなと思うパンでした。

 

 ▲個性的な雑貨屋さんみたいな「ロバのパン」のHP

 

おしまーい>(・8・)