ゆる可愛いキャラが目印「NOMSON CURRY」

こんばんは、山田あるとです(・8・)

お盆も終盤ですね。皆さまいかがお過ごしですか?

山田は、ほぼ働いておりました。

束の間の休みは美味しい物を食べるのがイチバン!

そんなわけで出かけてきました。

 

\じゃーん/

f:id:alto_y:20180814195359j:image

ポンバシ系 スパイスカリー「NOMSON CURRY」

住宅が建ち並ぶ一角に突如現れる、ゆる可愛いキャラが目印のカレー屋さん。

猫っぽいけどパンダっぽくもある。

正体不明だけど、言えるのは「可愛いは正義」ということ。

ちなみに「裏ポンバシ」っていうのは「日本橋(にっぽんばし)」のメイン通りから

少し東にずれたエリアのことを呼ぶみたいです。

裏ナンバほど、まだ盛り上がっている感じはなく

これは知ろうと思わないと分からないゾっていう立地にありました。

 

到着は12時半ごろ。がっつりお昼どき。

お店のドアを開けると、スパイスのええ匂いがして

空腹具合に拍車がかかります。しかし待ち人数は5組以上。

早く食べたい衝動を抑え、グルメ雑誌に目を通しながら

ひたすら順番が来るのを待ちました。

 

この日(8/13)のラインナップは、こんな感じ

  • 【定番】野村さん家のチキン
  • 【肉】豚のたんしゃぶカリー
  • 【キーマ】鰹出汁マトンキーマ
  • 【海鮮】イカ肝とゲソのカリー

 

なんと、定番と書いたもの以外は日替わりなんです。

だから今日を逃すと、いつ巡り合えるか分からない。少なくとも明日はない。

うーんうーんと頭を悩ませた結果、キーマと海鮮を選択。

f:id:alto_y:20180814195342j:image

左側が海鮮、右側がキーマ。

あえて定番を外してみました。クセの強い愛×(あいがけ/2種盛のこと)です。

海鮮はイカの肝が入ってるから濃厚な味。でも臭くない。

間違いなく初めて食べる味。

キーマは何やら独特のスパイスを感じたんだけど何か分からず(山椒?)

食べ慣れないマトンも鰹出汁の和テイストには馴染み深さしかないから

とても食べやすかった。個人的な好みは完全に海鮮。

でも、どちらも「こんな食材もカレーに出来るんだ」と、ちょっと感動。

ありきたりかもしんないけど無限の可能性を感じます。

スパイスカレーの入門編としても非常にいいお店かなあと。

クセはあるにはあるけど、食べづらさは皆無。

辛さと味のバランスが良いのです。

 

付け合わせのナムルは単品で食べてもいいし

カレーに混ぜると、味と食感に変化が出てよかった。

あと添えてあるチップが抜群に美味しかった。塩気たまらん。

暑い日だったし塩分不足してたんかな・・・ 笑

 

カレー屋さんといえば、これ。

f:id:alto_y:20180814195348j:image

アイスチャイ。スパイス程よい感じに効いてるわあ。

コースターが何気に可愛い。レコード盤。

熱くなった体をクールダウンさせるには丁度よかったので、

ほぼノンストップで飲み干しました。

 

車でお越しの方は近くのコインPへ。

24時間で1000円くらいなので、腹ごしらえを終えたら

日本橋に繰り出してもいいかもです。

 

おしまい>(・8・)

8月上旬だけど、購入本を紹介します。

こんばんは、山田あるとです(・8・)

睡眠時間が足りてないというわけじゃないと思うのに

今朝は起きた時から気だるいです。これも台風のせい?

 

今日は8月上旬に購入した本を紹介します。

こういうのって月末にやるもんだと思うけど(youtubeでよく見る)

今後も増えるかもしれんし、ってことで。

 

左から紹介してきまーす。

購入品

 

f:id:alto_y:20180810090917j:image

 「さめない街の喫茶店①」著者:はしゃ

ある日突然眠りから目覚めることができなくなったスズメは、「ルテティア」という“さめない街”に迷い込み、キャトルという喫茶店で働くことに。

なんとも不思議なはじまり方の作品で、1巻を読み終えて知り得たことは

主人公「スズメ」は大人(お酒が飲める)で、現実世界には妹が居るらしい

・・・ということぐらい。なぜ「ルテティア」に来てしまったのかも語られぬまま

「キャトル」での日常が淡々と描かれています。

今のところはグルメ×ファンタジーかな。非常にほのぼのとしてて

ええ空気感なんだけど、このあとシリアスになったりしない? 大丈夫かな。

「あっちの世界の自分」という部分の解釈の仕方によってはダークよね。

 

普段だと、なかなか手に取らない絵柄だけど

1話目の「ドーナツだけの喫茶店」ってタイトルに強烈に惹かれまして。

実は昨日アップした「しろくまドーナツ」と同日に買いました。

そんなん読んだら、俄然ドーナツ食べたくなりますよね。

物語に出てきてるシンプルめのやつが。そういう経緯でした。

 

1話ごとに登場する食べ物は、作れそうなものばかりで

でも知らないものも多くて。モノクロで描かれているのに美味しそう。

あと起承転結は至って穏やか。何か大きい事件が起こるわけでもない。

その空気感がとても心地よくて、気づいたら読み終えてたという作品でした。

 

△試し読みはコチラ

 

「カワイイ私の作り方」著者:六多いくみ

不器用で冴えないアラサ―女子・浅黄秋(あさぎ みのり)は、 
苦手だったキラキラ女子である春乃と出会い、変わっていく――!! 

「可愛いは作れる!」って言うけどね、

ほんまに不器用だと、作り方を見たって出来ないんですよ。

だから「私には無理」って捻くれてみたり。

けど「可愛くなれるものなら、なりたい!」ので手に取りました。

 

いわゆるハウツー本の一種だとは思うんですけど、

六多作品を推したい理由は3点です。

 

①元BAさんならではの豊富な知識

②作者自身も美容が好きだと分かる

③共感のしやすさ(人物や心理状況)

 

①は作品の至るところに散りばめられていて

特に知れて嬉しかったのは「美髪の作り方」ですね。

「人の目に付くところは綺麗にしよう」(年齢が出るから)って意識が

強くなってきてるので、これはお役立ち情報でした!

 

②今度の題材だからって資料を集める方は多いと思うんですけど、

六多さんの場合は日常だなって感じがして、

だから読んでいても楽しいんです。いつもTwitter拝見してます。(こっそり私信)

 

③私が六多さんを知ったきっかけは「リメイク」という作品なんですが、

(美容とは縁遠い主人公・奥村かのこがBAになるお話)

「変わりたい!」と自分を突き動かすほどの出来事って誰しもにあるし、

頑張る人の姿は美しく、自然と応援したくなります。

あと、なにより自分も頑張らなきゃって思える。

そんなモチベーションをくれる作品で、とても好きです。

今作でいうと、外見だけでなく性格もあまり可愛いとは言えない主人公を

他人事とは思えない感じ。

うっかりしがちな言動を見直して、少しでも「可愛い人」になれるように

一緒に成長できたらいいなと思ってます。

△こちらも読めるよー。

 

おっさんずラブ 公式ブック」

何かと巷で話題だったし、ドラマは全話チェックしたけど

思ってた以上に沼落ちしてた。自分でもビックリしてます。

公式ブックが出ることはモチロン知ってたけど、手に取ろうなどと思ってなかったし

まさか手に取った場所がアニメイトということにも驚きを隠せない。

・・・衝動買いでした。

でも買ってよかった1冊です。主要キャストのインタビューは

読み応えがあったし、撮り下ろしグラビアというのもグッときた。

細かいところを褒めようと思うとキリがないので、個人的に好きなページをいうと

牧が春田(とちず)に作った料理のレシピですね。

これは嬉しい。「牧特製の唐揚げ」がご家庭で作れてしまうと。

なんということでしょう・・・。

さっそく翌日に作りました。味濃い目で、ごはん沢山食べられました。

春田が「うめえ・・・」と声を漏らすのも納得の美味しさです。

あ、あと「はるたん七変化」も非常に良きでした。

牧が選んだ、あのシュッとした感じ(関西人的表現)のが好きです。

 

公式が要らぬことをするパターンは、よく見るのですが、

こんなにも痒い所に手が届くのは初めてかもしれません。

読み終えては、また最初から目を通したくなる公式ブックでした。

もう「ありがとう」と「尊い」しか出ない。

 

あ、そうだ。重版出来おめでとうございます。

発売日前に重版かかるってどういうことなの。凄い。

 

扱いの難しい題材をとても真剣に時にコミカルに

丁寧につくって世に送り出した結果が付いてきたんだろうなあと思います。

この作品からは愛しか感じない。続編待ってます。

 

ジャンルの違う3冊をご紹介しましたが、

気になる本はあったでしょうかー?

むしろ「それ読んだで!」というのがあったら

ぜひコメント欄でお話ししましょう。

 

それではまたー>(・8・)

優しみ溢れる「しろくまドーナツ」

こんばんは、山田あるとです(・8・)

台風13号「サンサン」に続き、14号「ヤギ」が来てますね。

その影響なのか、めちゃめちゃ涼しい。

過ごしやすくて有難いけど、純粋に喜んでいいのか悩むとこ。

・・・ところで、台風のネーミングって誰が付けてるんですか。

「ヤギ」ってパワーワード過ぎません?

 

そんなこんなで、涼しい日を逃す手はあるまいと

ドーナツを買いに行きました。

 

f:id:alto_y:20180809175306j:image

守口・大日のベアーズから徒歩1分くらいの距離にある

しろくまドーナツ」です。

オープンは今年6月で、まだできたてホヤホヤ。

関西人なら馴染み深い「人間国宝さん」にも認定されてて

お母さんと息子さんで営業しているお店だそうです。

 

このお店を見つけたのは、ほんまについ最近。

車走らせてたその一瞬で目に留まって、

そんで足を運んでみたわけです。

 

メニューは、こんな感じ(見づらくてごめんなさい!)

f:id:alto_y:20180809175324j:image

数種類のコーヒーとドーナツが楽しめます。

ベースは塩ドーナツってとこが珍しい。

そこに和や洋のトッピングを加えることで、ベースは同じなのに

表情の違うドーナツになるというわけですね。奥深し。

 

f:id:alto_y:20180809175620j:image

今回は「塩どーなつ」と「塩キャラメルナッツ」を注文・・・したあとで、

こんなメニューもあったことに気づく。

芋バターに塩チョコですと!? 絶対おいしいやつやん!

 

あとメニュー紹介が可愛くて和む。

たとえば「塩ちょこ」には、

“お菓子屋さんで食べた塩チョコが美味しかったから、

これをドーナツで再現できないかと思って、ハーシーズをかけてみた。

そしたら甘すぎちゃって(中略)・・・可愛くできたからよし!”

 

・・・みたいなことが書かれてて、

心がほわっとした。訪れた際は読んでみてね。

 

購入品

塩どーなつ

f:id:alto_y:20180809175333j:image

お持ち帰りは1つずつ容器に入れてくれます。

シンプルなんだけど可愛いし分かりやすい。

ミルクがたっぷり入った、もちもちふわふわの優しいドーナツ。

世界一の塩「ぬちまーす」と砂糖をブレンドした味付けは、

やみつきになる甘じょっぱさで、こんなんペロっと食べてまう。

 

つぎー。

塩キャラメルナッツ

f:id:alto_y:20180809175345j:image

ベースとなる塩ドーナツにキャラメルシロップをかけて

オーガニックナッツをまぶしたもの。

キャラメルの甘さがより引き立つ感じがしたのと、

あとナッツの食感がいいアクセントに。女子は好きな味だと思う。

 

一時的にじゃなくて、ずっと過ごしやすい季節になったら

今度は、この場でいただいてみたいなー。

コーヒーとドーナツってベストコンビだしね!

 

他のお客さんが居ない隙を狙って、お写真たくさん撮らせてもらいました。

とても快く許可くださって嬉しかったです。

しかも「お写真撮りましょうか?」なんて言ってくださって。

いつもは恥ずかしくて断っちゃうけど、気のいいお母さんだったから

図々しくもシャッターお願いしちゃいました。

「お店と私」の記念写真は、公開するのは躊躇われるので

私個人で楽しむことにします 笑

 

とにかく今日は、

私の人見知りどこ行ったよ、と思いました。

 

でも最近思うんですよね。

自分で行動したり発言してかないと勿体ないなって。

なかには、すぐ叶わない部類のものもあるかもしれないけど、

自分以外の誰かが知ってくれてたら

巡り巡って、チャンスが舞い込んでくることも時稀。なきにもあらずで。

思い返してみれば、変な遠慮してばかりの人生だなあと。

でも謙遜と傲りのバランスって、とても難しいよね。

 

話ずれちゃいました。戻ります。

 

f:id:alto_y:20180809175413j:image 

決して目立たないけれど、街と溶け込むようにそこにあって

また会いたい人・食べ物のあるお店だなと思いました。

なんかね、心が軽くなって気分がよくなる感じ。

(なんだかヤバイ表現になったけど、率直な感想)

 

 

イオンやベアーズから目と鼻の先くらいの距離にあるので、

お買い物ついでにでも、ふらっと寄ってみるのもオススメです。

 

次は、おいものん食べるぞー。

 

shop date

しろくまドーナツ」

大阪府守口大日東町11-8

営業時間 平日14:00~21:00/土日祝12:00~21:00

P 無(近くにコインパーキング有)

 

おしまい!>(・8・)

阿倍野でいちばんアツイ場所「あいぱく」に行ってきた

こんにちは、山田あるとです(・8・)

突然ですがアイスは好きですか? 山田は大好きで季節を問わず食べますが

でもやっぱり「いちばんおいしい」と感じるのは夏!

 

ということで、先日出かけてきました

「あいぱくinあべのハルカス

f:id:alto_y:20180808100838j:image

フロアを埋めつくすほどの人・人・人・・・。

14時を超えると行列がエグい、ということは知ってたけど

笑っちゃうくらいの人の量でした。

 

実演販売のブースがいくつかあったけど、

どこもかしこも長蛇の列。短くて60分、長くて120分。

もはやアトラクションだと思わないとしっくりこないよね。

 

そんなわけで、手早く買えるテイクアウト品を食べました。

新潟・第一食品「MOCHIMORE(モチモア)」です。(200円/税込)

和と洋を組み合わせた創作もちアイスクリームで、

数種類ある中から「甘酒とクリームチーズとゆず」をチョイス。

ありそうでなかった組み合わせ・・・!

f:id:alto_y:20180808100357j:image

断面図がちょっと用意できなかったんですが、

パケ絵を見てもらえれば、構造は分かるかなあと。

甘酒とクリームチーズを混ぜたアイスに、ゆずソースを入れて、

それをお餅で包んだもの。ハイソな「雪見だいふく」といった感じ。

 

甘酒って、いくら飲みやすいものでも、やっぱりクセが強いと思うんですけど、

クリームチーズがええ感じに和らげてくれるんですよね。

ゆずソースもアクセントになってて、いい仕事っぷり。

ただ個人的には、もう少しゆずソース入ってると嬉しい。

 

このあと、晩ご飯を食べに行く予定があったので

1個で終わってしまったけど、

家にスグ帰るんだったら、まちがいなく保冷バッグ買ってた!

 

だって福岡のカバ印のアイスとか、どこか忘れちゃったけど焼きナスのアイスとか

普段お目にかかれないラインナップだったし。

その場で食べられなくても、そういう楽しみ方もできるので

「それええやん!」て思った人はね、

出かけるタイミングだけお間違えのなきよう・・・。

(帰りに寄ればよかったなーって思ったのが、ここに1人居ます)

 

8/14(火)まで

天王寺あべのハルカス ウィング館9F催事場にて開催中です。

近くに住んでる人は、もっぺん行けるよ!>(・8・)

 

★あいぱく公式HP

https://www.i-89.jp/

【守口・大日】杢キリン

こんにちは、山田あるとです(・8・)

 

8月ですね。今年はあまりにも蒸し暑い日が続くので

体感的にはずっと真夏の気分で、8月だからといった特別感はありません。

ただ、今年があと4か月で終わってしまうことには驚きを隠せないけど。

 

暑さゆえに食欲も落ちるし、食欲が落ちるから行動力も落ちて

大阪に越してきてから、まだマトモにパン屋巡りできてません。

秋から頑張る・・・!

そんなわけで、まだ暑さがマシだった頃に訪れた「杢キリン」をご紹介します。

 

外観は、こんな感じ。

f:id:alto_y:20180802223405j:image

左手に大日ベアーズ、右手にイオンが見える方向に進むと

こんな看板が見えてきます。徒歩や自転車だと比較的見つけやすいけど

車だと一瞬で見逃してしまうかも…。

 

f:id:alto_y:20180802223415j:image

以前は喫茶もされてたそうなんですが、今はテイクアウトのみ。

天然酵母を使用したベーグルを中心に焼き菓子を販売されているお店です。

開店時間は朝11時から。

 

訪れたのは、朝11時をちょっと回ったぐらい。

店内に入ると、商品棚はほぼ空っぽ。

人気だろうことはインスタを見てて分かっていたけど、

まさか、こんなにだったとは。

 

基本的に皆大人買いしてるようで、

どうにか2点購入することができました。

 

ココナッツホワイトチョコ

f:id:alto_y:20180802223427j:image

もちろん 味は抜群に美味しかったのだけど、

それより生地に練り込まれたチョコレートの濃厚さに釘付け。

チョコレートって「天然の媚薬」なんて言われるけど、まさにそれ。

香りにも癒される一品でした。

 

マロンクリームチーズ

f:id:alto_y:20180802223439j:image

初めての食べ合わせでした。

クリームチーズといえば、クルミが混ざってるイメージありませんか?

「まあ、同じ種実類(木の実)だし・・・」くらいの軽い感覚で食べたら

衝撃が走った一品。

栗の素朴な甘さとほっくりとした食感、

そこに加わるクリームチーズの穏やかな酸味となめらかな舌ざわり。

なんてバランスの取れた上品な味なんだ。

 

冷静になると、なにがどう美味しいのかって分析できるんですけど

食べてる最中は、ホントに美味しいと「美味しい」しか言えなくなる。

あれなんでだろ。瞬時に語彙力が居なくなるんだけど。

 

断面は、こんな感じ。

f:id:alto_y:20180802223452j:image

生地のむぎゅっとした感じや、

栗がごろっとしてるのが伝わるでしょうか・・・。

 

開店してまもなくから、沢山のお客さんが訪れる「杢キリン」

忙しいと、ついつい何かが雑になってしまいがちだけど、

訪れたお客さん1人1人、心を込めて接客をされていたのがとても印象的でした。

「おいしい食べ方」たるペーパーも初見には嬉しい。

過剰じゃないさり気なさ。

作り手も作り手がつくった商品にも「丁寧さ」を感じます。

これは「また来たい」って思うなあ。

 

もう少し涼しくなったら再訪してみようと思います。

 

shop date

【石川】帰省するたび立ち寄るパン屋さん、フレッシュベイク野々市店+α

こんばんは、山田あるとです(・8・)

 

今週末は台風12号の話題で持ち切りですが、

大阪に上陸したその時間、山田はまだ夢の中でした。

しかも起きたら台風が来たことすら感じさせない夏の空が広がってるし。

でも近所を歩けば、店のポスターやら看板が散乱してて、

やっと現実として認識できました。

相当強い台風だったんじゃないかなと。皆様おケガなどされてないでしょうか。

 

さてさて、今回で

「石川県で立ち寄ったパン屋さん編」はおしまいです。

フォルダ内写真を探したんですが、なぜかパンの写真がなくって

2軒とも外見のみの紹介で失礼します。。

 

まず1軒目

\ばばーん/

f:id:alto_y:20180729224847j:image

あれ・・・いつの間にか店名が変わってる。

昔は「ジョアン」という名前で、その頃よく行ってました。

この辺りだと、おそらく一番大きいパン屋さんで種類も豊富。

名物は三日月型の「クレセント」という塩パン。

フレッシュベイクでは「つのパン」という可愛い名前で売られています。

あ、ほら。外観の目立つとこにも描かれてるんですよ!

ちなみに、山田がよく買っていたのはフィグ(いちじく)入りのハード系パン。

でもこの日は何故かなくて。もしやラインナップから外れたのかな・・・。

もし見かけたら、ぜひ食べてみてください!

 

そして、もう1軒!

「パン工房 アルザス

f:id:alto_y:20180729224915j:image f:id:alto_y:20180729224854j:image 

妹の情報によると、ジョアンで修業→独立された方のお店だそうです。

だからなのか、こちらにもありました「クレセント」!

パンの種類は豊富で、菓子パン・惣菜パン・サンドイッチなどなど

幅広い年齢層の方が好きそうなパンが勢ぞろいといった印象を受けました。

クチコミでは、クロワッサンが美味しいとのこと。

行った時間が悪かったのか完売してました・・・(つらい)

 

というか、ここパン屋さんだったんですね!!

去年も同じルートで帰省したのに気付けなかった・・・。

いや外観からして美容室か何かかと思ってたよね。

教えてもらえてよかったデス。

 

今回はあんまり深掘りできなかったので

次回帰省するときに、また改めて立ち寄りたいと思います。

もしこれを読んでくれてる地元民の方が居たら

ぜひオススメの一品を教えてください!

 

shop date

「フレッシュベイク 野々市店」

石川県野々市市(ののいちし)三納1丁目9番

営業時間 AM7:00-PM7:30

定休日 毎週月曜・第3火曜

駐車場 37台

 

「パン工房 アンザス」

石川県金沢市八日市1-766

営業時間 AM7:00-PM7:00

定休日 月曜

 

今回はこの辺でー}(・8・)

【石川】木の香りに包まれる、ノトヒバカラベーカリー

こんにちは、山田あるとです(・8・)

前回の「ワタナベヤ!」に続き、石川で巡ったパン屋さんをご紹介します。

 

\じゃーん!/

f:id:alto_y:20180724094412j:image

「ノトヒバカラベーカリー」です。

金沢駅西にあるお店で、姉妹都市公園のお向かいに建っているパン屋さん。

当初行く予定はなかったんですけど、インスタで見かけたらね

そりゃ行くしかないってなりますよね。

 

店内は、こんな感じ。

f:id:alto_y:20180724094246j:image

左手前から惣菜系・デニッシュペストリー・その他菓子パンが並んでます。

(大体ですけどね)

 

f:id:alto_y:20180724094149j:image

お昼を食べてから寄ったので、総菜系には一切手を出さず・・・笑

いやまあ、明日の朝ごはん用だったんですけど、

お腹いっぱいな時って、そこに意識が向かないですよね。

今だったら「サバサンド」食べたいな~ってなるんですけど。

 

f:id:alto_y:20180724094303j:image

で、「めちゃうま」に惹かれて、かぼちゃベーグル買いました。

かぼちゃ×クリームチーズの組み合わせは、間違いなく美味しい(美味しかった)

それにしてもトレーに移す前に写真撮ればよかった。画的に寂しい。

 

f:id:alto_y:20180724094341j:image

オシャレなドーナツがいっぱい! 間違いなく「映える」やつですよね笑

 そういう目的で買うことは、さほどないんですけど、

でもパッと見で「美味しそう!」と思わせる工夫は大事よな~って思います。

(地味な見た目のやつほど実力派だったりもしますが)

 

ところで・・・

 

「ノトヒバカラ」って変わった名前だと思いませんか?

聞き慣れない言葉なので、なかなか覚えられずにいたのですが、

その名の由来は、能登地方に分布する針葉樹「能登ヒバ」からきていて、

「ノトヒバカラベーカリー」は能登ヒバのPRを兼ねたパン屋さんなんだそうです。

至るところで木が使われていたのは、そういうことだったんだなあ。

元々パン×木材の相性は抜群だと思うんですけど、

あえて狙って使用するパン屋さんは珍しいなあと。

でも「じわもん」(地物という意味の金沢弁)という言葉のある、

とても金沢らしい光景だなあとも思いました。

 

\その他の情報/

  • 購入者はコーヒー1杯無料
  • パンだけじゃなくジェラートもある
  • インスタに力を入れてるお店なので、来店時には必ずチェックを!
  • イートイン席あり
  • 広い駐車場も完備

 

【住所】石川県金沢市駅西新町3-11-9

【営業時間】11時~19時

【定休日】火曜

 

\おわり!/