【京都】伊勢丹パンフェスティバルに行ってきた。

こんばんは、山田あるとです。

京都伊勢丹(10F 催事)で開催中の

「パンとコーヒーのある暮らし パンフェスティバル」初日に行ってきたので

レポしたいと思います。

 

4回目の開催となる今回は「抹茶」特集が目玉のひとつ。

京都らしさ=抹茶という発想からだそう。

その他、日替わり実演や曜日・時間限定販売のブースなどがあり、

会場内の熱量は凄まじかったです。

 

購入品を紹介します。

f:id:alto_y:20180301210228j:image

抹茶と北海道産あずきのパンオショコラ/フォーシーズンズホテル京都

 パンロット山田氏の「迷わず買うべし」という言葉に背中を押されて買った一品。

クロワッサン生地を覆う抹茶のクッキー生地は

見た目で十分伝わる濃厚さ。口に入れると、ふわっと香ってほろ苦い。

小豆とチョコレートが遭遇することなんてなかったから不安だったけど

思いがけないコンビネーションの良さに驚いた。

 

f:id:alto_y:20180301210235j:image

パティシエール/ファイブラン

京都のパン好きから支持されているお店なんですが

意外にも今回が初出店とのことでした。

貝殻の形をした「パティシエール」の中にはカスタードがたっぷり。

もちもちとした生地は、パンというよりも洋菓子のよう。

優しい気持ちになれるパンです。

 

f:id:alto_y:20180301210241j:image

上弦の月/雨の日も風の日も (時間限定販売)

かねてより食べたかった一品なので並びました。

まず、ネーミングセンス抜群ですよね。店名にせよ、商品名にせよ。

どんなに頭を絞っても、その案は出てこないわ~と感心しつつ、

上弦の月」はクロワッサン生地に、くるみクリームと

くるみをまるごとトッピングした「くるみ尽くし」のパン。

断面に、黄色いドライフルーツが見えて、なんだろう?て思ってたんですが

ラム漬けのマンゴーのようです。くるみ好きはゲットすべし!

 

f:id:alto_y:20180301210308j:image

フリュイ1/2カット /eight(2/28~3/3の正午販売) ※各日20点限り

「フリュイ」はフランス語で「フルーツ」という意味。

その名のとおり、ドライフルーツやナッツがぎっしり入っています。

思わず見惚れる断面・・・。でね、このビジュアルから思い浮かぶのは

シュトーレンだと思うんですが、カット売りでも500円くだらなかったり、とにかく値が張るイメージ。

でもこの「フリュイ」1/2カットで400円台なんです!!!

(ピンと来ない人はクリスマスの時期にパン屋さん覗いてみてね)

ハード系×ドライフルーツの組み合わせが好きな方は間違いなくハマると思います。

 

※余談※

ハード系のパンにはパン切りナイフでないと苦労するので注意を。

 

f:id:alto_y:20180301224417j:image

ぼっかけカレーパン/グロワール

カレーパンは、かなり購入頻度が高いほうなのですが

ぼっかけ入りを食べるのは初めて。

とろとろに煮込んだぼっかけの旨味がカレーに溶け込んでて絶妙なバランス。

 甘辛い味付けなので、辛いのが苦手な人にもオススメです!

 

もうね…

同時開催の「スイーツセレクション」と相まって

目移りハンパなかったです!!!

インスタ映え120%のクレープとか話題沸騰のりんご飴とか

世界一濃厚な抹茶ジェラートとか…!

 

おそらく・・・この春のお祭りを逃すと 次回は秋。

めちゃ遠いいい。「行けばよかったー!」て後悔しちゃう前に

ぜひお出かけください。

 

開催は3/5(月)まで!

kyoto.wjr-isetan.co.jp