MP全回復間違いなしの『こぐまのケーキ屋さん』

 こんばんは、山田あるとです。

Twitterで話題の4コマまんが『こぐまのケーキ屋さん』をご存知ですか?

こぐまのケーキ屋さん (ゲッサン少年サンデーコミックス)

こぐまのケーキ屋さん (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 こぐまの「店長」と人間の「店員さん」がケーキ屋さんで繰り広げる

ハートフルなやりとりが癒されると、いま人気を集めている作品なんですが、

つい先日(3/2)コミックが発売になったので読んだら・・・

これは手に取らないとアカンやつ!」て思える形になってたので

紹介したいと思います。

 

オススメポイントは3つ!

〇作風に合う絵本のような装丁

B6判やワイド判じゃなくて、A5変形判ってとこが、まず憎い!

大きすぎない丁度いいサイズ感だし、判型そのものが絵本っぽくて可愛い。

表紙はクラフト紙で手触りがよくて何度も撫でたくなる・・・。

この作品ではお馴染みの「黒・白・オレンジ」3色で描かれてるんですが、

表紙にとどまらず、本文までもその色。

コミックって基本黒1色なんじゃ!?!?てなりました。

話を戻して・・・表紙をめくると遊び紙が入ってて店長とケーキがいっぱい!

f:id:alto_y:20180304205518j:image

それも見開きです。

まだ本文に辿りついてないのに、こんなに楽しいコミックは久しぶり・・・

いや初めてかもしれません。

正直950円高いなあと思ったけど、細部までこだわりが感じられる1冊だったので

なんかすいません、て気持ちになったし

同時に「買ってよかった~」て思いました。ほんまに。

 

〇家族みんなで楽しめる!

元々難しい用語が出てくるようなお話ではないですが、

ルビがあることで、より読みやすさは増したのではないかなあと思います。

あと大人でも楽しめるお話だと思うんですよね。

可愛いタイトルだけど、店長の純粋さって

ちょっと哲学に通ずるものがあるというか、なんか考えてしまう。深い。

それだけじゃなくて、ふとした仕草が可愛くて癒されるので

家族で共有できる1冊として、家にあるといいんじゃないかと思います。

 

〇書き下ろしが読める。

0話、つまり「こぐまがケーキ屋さんになるきっかけの話」が収録されています。

ネタバレになってしまうので詳しく書くことは避けますが、

この話を読んでから、また表紙に戻って読み進めていくと

ちょっとニュアンスが違って見えてくるというか、話に深みが増します。

これ、いわゆる「スルメ本」ですよ!!!

 

どういう意味かは、お手に取ってご確認ください。

お支払いはぜひ「ぎんのおかね」で。

nlab.itmedia.co.jp