『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の試写会に行ってきた

こんにちは、山田あるとです。

 

\祝 当選!/

f:id:alto_y:20180315110530j:image

・・・ということで、

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の

試写会に行ってきました。

手元に届いた当選通知は、なんとA4サイズ!!!

届いた時は、喜びもひとしおだったのですが、

持ち歩きには大変不便で、折れ曲がってしまいました・・・。

 

f:id:alto_y:20180315103915j:image

京都会場は「TOHOシネマズ二条」

こんなとこにも映画館あったんですね。駅近でアクセスよさげ。

 

f:id:alto_y:20180315103925j:image

 

今作は1995年公開の『ジュマンジ』の続編ですが、

続きものではないので、前知識がなくても問題ないです。

 

・・・でも、

前作を観てから行くのが断然オススメ!!!

 

なぜなら、20年の時を経た作品の進化した部分というのが

ビフォーを知ってると顕著になるからです。

作品の雰囲気や「ジュマンジ」の仕様などがガラッと変わってて、

続編というか、もはや新作じゃんと思いました。

私は、どっちの『ジュマンジ』も好きだな~!

やや暗め重めの前作と、やたらコミカルな今作。

テイストが違うので比べられないっていうのもあるけど、

それぞれに良さがある感じでいい。

 

ちなみに、ポスターの4人は

異次元に吸い込まれた高校生たちの「ジュマンジ」内での姿。

「現実では〇〇なのに」というギャップや青臭さが

時には葛藤を時には笑いを生み、物語に色をつけていきます。

そういった要素がふんだんに盛り込まれているのに

なにひとつ煩く見えないのは、

「各々の役職とスキルを駆使してゴールを目指す」という

単純明快なストーリーだからこそ。

 

作中、ほんのり下ネタやラブシーンがあるけど、

ちっとも、いやらしさがない。

特有の空気感すら漂わせる隙を与えない。

だから、誰と観に行っても気まずくならないよ!

 

f:id:alto_y:20180315103934j:image

特典でもらったステッカーとエコバッグ。

エコバッグは何種類か絵柄があるようですが、私は象でした。

貰ったものの、普段使いするには個性強すぎない?

手抜きなのか否かが問われるセンスだけど、私は嫌いじゃない。

ひとまず大事に保管するとします。

 

個人的に、この試写会には勝手に運命を感じてました。

実は、小さい頃に観た映画で唯一『ジュマンジ』前作が

記憶に残ってる作品だったんです。

まあ、当時はタイトルを失念してたのですが、

ボードゲーム中のことが実際に起こる」という設定を頼りに

大人になって思い出しました。

改めて観ると、断片的にしか覚えてなかったり

1995年の作品なので、チープさに微笑ましく思ったのですが

小さい頃に感じたことを大人になっても感じました。

どこか禍々しいのに、面白い。

「今の技術で作ってくれたら、もっと面白いに決まってる」って思ったんですよ。

思ってたら続編が製作されて、試写会当選したもんだから、

もうこれは運命感じずにはいられないというか!!!

感激のひと言でした。

 

あとはIMAX3Dでの鑑賞も初めてだったのですが、3Dって凄いね。

本編始まる前のカウントダウンで、既に感動したんだけど 笑

ジュマンジ』は3Dもしくは4DX向きの作品だと思うので、

ぜひ対応してる劇場でご覧ください!!!

3Dでかなり感動したので、次は4DXで観てみたい。

 

一般公開は4/6(金)から。

笑える面白い映画が観たいな~て人は

ぜひチェックしてみてください。

もうほんと、ひたすら楽しかったです!