【過去問】第15回 パンシェルジュ検定 3級④

【問題031-040】

 

031.東京の名花堂(現・カトレア)がとんカツをヒントにして考案した、

日本の代表的なパンのひとつは何か。

コッペパン

②カレーパン

ピロシキ

④カツサンド

 

032. 円錐型のパンにチョコクリームを詰めたパン「チョココロネ」が

生まれた国はどこか。

①スイス

②イタリア

③日本

④ベルギー

 

033. パンを「リーン」と「リッチ」に分けた場合、

「リーン」なパンで使う材料は、粉、水、イーストとあとひとつは何か。

①塩

②バター

③砂糖

④卵

 

034. 次のおやつパンの分類のうち、クロワッサンはどれに該当するか。

①菓子パン

②蒸しパン

③発酵菓子

④デニッシュペストリー

 

035. 次のうち、一般的に「バラエティブレッド」に分類されるパンはどれか。

①レーズン・ブレッド

②食パン

③ロールパン

バゲット

 

036. 次のうち、グルテニンと結合してグルテンを作りだす、

小麦粉に含まれるタンパク質はどれか。

グロブリン

②グリアジン

③サボニン

プロテイン

 

037. 小麦粉は「特等粉」「一等粉」「二等粉」「三等粉」「末粉」などの

等級に分けられるが、この等級を決めるのは何の量か。

①灰分

②タンパク質

③脂質

④食物繊維

 

038. 次のうち、小麦粉の性質として間違っているものはどれか。

グルテンを作りだす

②においを吸収しやすい

③ペントサンを多く含む

④水や熱を加えることで状態が変化する

 

039. 次のうち、アミラーゼによるでんぷん分解の過程として正しいものはどれか。

①でんぷん→麦芽糖デキストリン

②でんぷん→アミノ酸麦芽糖

③でんぷん→デキストリン麦芽糖

④でんぷん→麦芽糖アミノ酸

 

040. 小麦粉は、強力粉、薄力粉などに分類されるが、

その基準となるのは小麦粉中の何の割合か。

①灰分

アミノ酸

酵素

④タンパク質