滋賀県にパンセレクトショップ「ボナペティ」がやってきた【しがトコ パン屋さん編③】

こんにちは、山田あるとです(・8・)

今日は、朝からとある場所に行ってきました!

 

\じゃん!/

 f:id:alto_y:20180427134938j:image

本日オープンしたOh!Me大津テラス(パルコ跡地)1Fにある「ボナペティ」

関西で2番目、滋賀県内初となるパンのセレクトショップです。

白を基調とした店内で、差し色の赤がとても映えていて

パッと見では、パン屋さんとは思えない洗練された印象を持ちました。

店内入って、すぐ右手にはイートインスペースも! 

 

f:id:alto_y:20180427134954j:image

 

各店舗ごとに十分なスペースが取られている棚には

大津市草津市から総勢20店舗のパンが並びます。

棚に並んでいるパンは、各店舗が厳選した2~3種類で

価格は一律250円(一部除外品あり)と分かりやすい価格設定です。

お店や商品についての説明が丁寧でいいなあと思ったのだけど、

文章だけだと、お店の雰囲気がやや伝わりにくい気がしました。

店内の様子とか作り手の顔が、

もっと見える工夫があると購入意欲が増すんじゃないかな。

でも作り手の代わりに、店員さんが「このお店は・・・」て説明してくれるので

気になることはバンバン聞いてみるとよいです。

 

f:id:alto_y:20180427135000j:image

 山田が気になってた、お店も出てました。

猫を眺めながらパンが買えるというスンバラシイ構成の「ねこ日和

滋賀にも、こういう個性的なパン屋さんがあるので

やっぱり写真がほしいと思ってしまう。

 

f:id:alto_y:20180427135014j:image

そのた、調味料や飲み物なども売られていました。

(この辺はパンが少なかったので、あんまり記憶がないパンばか)

あっ!冷蔵ケース上段に「パッピンス」(韓流かき氷専門店)考案の

デザートパンを発見!!

こんな感じで「飲食店が考案するパン」も多く目立ちました。

ボナペティでしか買えないっていうレア感がありますよね~。

 

f:id:alto_y:20180427135029j:image

その中から、韓国料理店考案の「チーズダッカルビパン」を購入。

チーズダッカルビ=甘辛いと思ってたら、意外と辛くてビックリ。

これが本場の味なのか!?!?(自炊のものしか知らない)

でもこれは旨辛ってやつです。

ボリュームもあるし、お昼ごはんに丁度よかったー!

辛いのんが大丈夫という人は、ぜひ食べてみてください。

めちゃくちゃ美味しいから。

 

以下、個人的に思うこと}(・8・)

ネガキャンではないってことを前提に書くのだけど、

内装といい価格帯といい、滋賀県民に受け入れてもらえるのだろうかと

ちょっと不安になりました...のが本音です。

 

内装の白さはとても美しいんだけど、

温かみに欠けて、視覚的な「おいしそう」を奪われてる感じがするんです。

パンがキレイに飾られてるなって思っちゃう。

焼きたての香りでもすれば違うんだろうけど、それもないし。

 

さらには一律250円という価格設定。

▲以前書いたことが頭によぎった。

パン屋に行く機会がない人にとっての250円は「高い」以外の

何者でもないと思うんですよね。

最低でも250円という価格設定が、どう出るのか・・・。

あと、惣菜パンと菓子パンでも「250円」の価値って変わってきそう。

だって明太子フランスとクリームパンを同じ天秤で計れなくないですか?

そもそも計ることが変なんだけど。

少なくても損得勘定は働くだろうなってことです。

 

その心配される点を払拭するために、

強いネームバリューがあるといいですよね(と勝手に思ってる)

「よく見聞きするお店」とか「行きたかったお店」とか

とにかく、皆に知られてることが大事。

それが1つでもあると、安心感が生まれたり、親近感が沸く気がします。

そういう意味で、5/7から出店する「ドライリバー」は心強いです。

数珠つなぎとなるきっかけになって、

盛り上がっていってくれたらいいなあと思います。

 

余談}(・8・)

提携駐車場は充実してるようです。

しかも1店舗につき1000円以上購入で2時間無料ということで

ハードルも下がるし、気軽に来れるのではないでしょうか。

 

交通アクセス | Oh!Me大津テラス

▲詳しくはこちらから。

 

おしまい!