パンシェルジュ2級の結果が届きました。

こんにちは、山田あるとです(・8・)

 

つい先日、いつものようにインスタを見てたんです。

そしたら「パンシェルジュ 〇級合格!」ていう喜びのコメントと共に

賞状をアップしてる方を発見しまして。

 

すっかり忘れてた・・・。

 

 

家に帰ったら、山田にも来てましたよー!

不在通知という形で 笑

(メール便すら受け取りが必要なうちのポスト。不便きわまりない)

再配達という名のワンクッション挟んだおかげで、

ドキドキ感が味わえたので良しとします。

 

 

\いざ、開封!/

 

 

f:id:alto_y:20180510101045j:image 

 

無事、プロフェッショナル(2級)

合格しましたー! ふぅー!

 

ちなみに点数は83点で、ほぼ自己採点どおりでした。

欲をいえば、もう少し上を狙いたかったけど・・・

でも、合格は合格。

半年間こつこつと勉強してきたのでホッとしました。

 

それにしても、

合否通知を送るのって、こんな時間要るもんなんですかね。

他の検定は、どうなんだろう?と思って

試しに漢字検定を見てみたら、試験から約30日とありました。

うん、それぐらいがちょうどいいよね。

 

だって2か月も待つと、

合否というか試験を受けたことすら記憶が危うくなるし

良くも悪くもどうでもよくなっちゃって

いつも確認作業に他ならない。それってどうなんだろ。

速報は出るけど、仮であって確定じゃないから

結局、気持ちは宙ぶらりんのままだよね。

 

なんでここまで合否通知にこだわるのかというと、

大人になってから自主的に勉強すること自体そんなに多くないし、

そのために割いて費やした時間がある。

結果がどうあれ、そのところに対して

気持ちの鮮度が高いうちに喜んだり悔しがったりしたいんです。

その時に湧く感情が次への原動力になるし、

そもそも平坦な道を歩き続けるのって、かなりしんどい。苦手。

だから、一旦「何か」挟んでおきたい。

そんな感じです。

 

こんだけ熱く語っておきながら、たとえ遅れてやってきても

「合格」だったから、めっちゃくちゃ嬉しかった。

その証拠に、お恥ずかしながら嬉々としてインスタにも載せました。

「おめでとう」と声を掛けてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

おかげさまで、ラスト1級に向けて頑張れそうです。

 

あと、宣言どおり

アトリエうかいのクッキー缶も買いたいと思います。

自分にご褒美、大切。

 

そして最後に、受験された皆さまも

本当にお疲れ様でした!!!(・8・)