雨に打たれたって見ていたかった、人生初のチャットモンチー

こんにちは、山田あるとです(・8・)

 

きのうのことです。

FM802の公開収録に行ってきました。

ゲストはチャットモンチーのお二人。

f:id:alto_y:20180612105438p:plain

△ 収録中盤まで雨が降ってました。

 

「はじめまして」なのに、なぜ応募したのかというと

妹が、とてもとてもチャットモンチーのことが大好きだと知っていて、

かつチャットモンチーが今年7月に完結することも知っていたから。

少しでも会える機会を増やせてあげたらいいなあなんて思いながら

優先エリア観覧席に応募してみたところ見事当選。

 

しかし、ここで「家族であっても譲渡できない」問題発生。

いま思えば、そりゃそうだって話なんだけど。

なので同行する運びとなりました。

 

チャットモンチーについて知ってたこと

  • 3人→2人になった
  • 徳島県出身
  • 今年7月に完結
  • 『シャングリラ』←アニメ主題歌だったから
  • 『テルマエ・ロマン』←同上の理由

以上が、山田が知ってたことの全てです。

この日までは「えっちゃん」「あっこちゃん」などと聞いても

どっちがどっちか分からなかったし、妹が喋ってても

「ふーん」くらいしか思ってなかった。

だからね、そんなヤツが、こんな貴重な場に居てもいいのかと思ったし

大して好きじゃないことを見透かされてる気がして

心臓がバクバクしてた。

 

「えっちゃん」と「あっこちゃん」

f:id:alto_y:20180612123253p:plain

「えっちゃんがボブスタイルで、あっこちゃんが金髪だよ」と

公開収録が始まるちょっと前に妹に教えてもらった。

これで二人の見分け方はバッチリ。

番組がスタートしてまもなく、DJの落合さんに呼ばれて

チャットモンチーのお二人が登壇。

山田の第一声は「(えっちゃん)可愛い~」だった。

その印象はイベントが終わるまでもずっと変わらず。

ぽやぽやしてるのに、突然キリッとするギャップがたまらなかった。

あっこちゃんは格好いいお姉さんといった印象を受けた。

お姉さんはお姉さんでも「親戚のお姉さん」くらいの親近感はあった。

会場に向かって、何度も「風邪引かんといてや~」

と声を掛けてくれて、その気遣いがとても嬉しかった。

あとは曲紹介後に、あっこちゃんに促されて

会場に居る皆で手を右へ左へ振るのが、とても楽しかった。

ファンへの思いやりが凄いねん。

 

公開収録後の心境

正直めちゃめちゃ楽しかった。イベントの前後を思い返しても、

妹よりもテンションが上がってたかもしれない。ミーハーでお恥ずかしい。

でも演劇に通じるものがあるなあと感じました。

とある劇団のファンの人から「〇〇めっちゃいいよ!!」と

ものすごい熱量でゴリ押しされるよりも、

作り手がどんな人でどんな想いを込めたものかを知る方が

一気に引き込まれたりします。

その時の表情や仕草が見れると、なおグッとくるので

公開収録というのは、とてもいいものです。機会があればまた行きたい。

あとね、公開収録が始まる前は「私なんか場違いや」と思ってたけど

そう思い込んでただけで、そのハードルは安易に飛び越えた感じがした。

なんだ、楽しいじゃんって心から思えた。

 

そんなことよりなにより

「完結なんて言い方してるけど解散でしょ?」と最低な言葉を

妹に浴びせたことを前言撤回して、お詫び申し上げたい。

長く長く続いていたものが終わるというのは寂しいことだと思うし

好きだと公言している人に言う言葉ではなかった。

 

このことを頭に置きながら文頭を読み返してみると

自分の矛盾に驚くんだけど、

いや、なんていうか、そんなに嫌味を込めてはいなくて

「言い方変えただけじゃん」的なニュアンスで・・・ああもう!

言葉を重ねれば重ねるほど言い訳がましいので

・・・とにかく、ごめんなさい。(※直接でも伝えました)

 

こういう気持ちに至ったのは、

チャットモンチーは完結するけども

作ってきた音楽はずっと残るから、これからも聴いてください」

というような、えっちゃんの言葉からでした。

 

そして、そこから思い出したのは私が大好きなWeiβのこと。

彼らは「解散」を選ばず「無期充電期間」というふうに言ってくれた。

実質上の解散だったかもしれないけど、

当時の私はどれだけ救われたか・・・その気持ちを思い出した。

解散という明言を避けてくれたから、今も希望を持てている。

「ライブやります!」て言ってくれる日が来るんじゃないかと

そう思って今日も生きてます。

ちなみに「完結」というと「全て終わること」を

イメージする人が多いと思うけれども、

もうひとつ「それ自体まとまったものとして、存在できていること」

という意味があって、こっちの意味がピッタリだなと個人的に思う。

「存在できていること」って部分に希望を感じます。

この完結は、とても前向きなものと言っていたお二人だから

ファンに向けても、そういう心持ちで居るような気がするんだよなあ。

 

「誕生」のアルバムが出たら聴いてみようかな。

オンエアーでは聴けるけど、公開収録ではカットされてしまった「砂鉄」が

すごく気になる。どんな歌詞なのだろう。

 

あと、前よりもちょっと興味が湧いたことは

まだ妹には言わないでおきたい。

これまでを思い返すと結構ボロクソに言った覚えがあるから

(NPCみたいにチャットモンチーについて語るから疲れて反撃してた)

たった1回で覆ったことを知られるのは恥ずかしい。

 

百聞は一見にしかず、だなあ。

初めてのチャットモンチーを雨に打たれながら見るなんて

凄い経験しちゃったぞ。とてもエモい。

これは、きっとずっと覚えてる出来事だと思う。

 

余談

 

 

客入れの段階でびっくりしたことが起きた。

チャットモンチーなんかどうでもいい!!」と吐き捨てて

去ってく人が居て。たぶんだけど、雨具持ってないのに雨が降ってきて

しかも待ちが長いから苛立ったってとこじゃないだろうか。

チャットモンチーのメンバーの名前を覚えたばかりの私でさえ、

ムッとした。その人の当選枠だから、どう使おうと勝手だけど

その範疇を飛び越えて、誰かのワクワクまでも奪うなよってお話。

 

いっそのこと、カッパの販売したらどうだろう。

小一時間くらいダイソーの店員さんに来てもらってさ。

平和的解決をするなら、これが一番だと思うんだけど難しいのかな。

難しいよね。天候のことだもん。

まあ事前アナウンスは素直に聞いておこうってことやね。

 

おわり。